PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | *** | *** | TOP↑

≫ EDIT

航空祭2010

毎日蒸し暑い日が続いているレオン地方です。
除湿機を稼働させなきゃ、部屋にいてもベトベトします^^;

前回の続きの青池や富良野の様子もアップしたいんですが、
先日友人とあるイベントに行き、行けなかった友人が写真を見たいと言うので、
そちらを先にアップします^^

行って来たのは、8月8日に千歳基地で行われた『航空祭2010』

こういうイベントって初めてだったんですけど、もう大興奮の1日でした!
当日のお天気はとっても不安定で、どんより曇ってたり、通り雨がザーっと降ったり。
途中、青空も少し見られましたが、結局イベントが終わってからカンカン照りになるという感じでした^^;
下の空の写真は帰り際に撮ったものです。



年に1度の航空祭とあって、会場である千歳基地の中は人でいっぱい!
次の日の新聞に載ってた記事を見たら、6万4千人が来場したそうですが、
それでも去年の半分だったそうです。
記事によると、今年は天気も怪しかったし、高速道路無料区間の開始でそちらに流れたんじゃないかと。

写真はほんの一部ですが、普段間近で見ることのない色んな航空機や装備品が展示されてました。



着いてしばらくしてから、米空軍機動飛行が始まり、
想像以上の轟音と迫力にビックリ!
きっと基地の近くにお住まいの方々は、毎日こんな轟音を聞きながら生活してるんでしょうね。

米空軍機は単独飛行だったんですが、空をすごい速さで飛び回る姿に歓声が飛び交ってました。



そして、航空祭メインの曲技飛行まで時間があったので、
色々基地内を回って展示を見たり、出店でカキ氷を食べたり^^

そしてメインのブルーインパルスによる曲技飛行の始まり~!



飛ぶまでに色んな作業があり、そのひとつひとつの動きが何ともキレがあって。
整備士の中には、女性も活躍されてました^^



そんな飛行準備の途中に、雨がポツポツと降り出し、



どんどん本降りに^^;

ちょっと困ったなぁと思っていたら、友人が傘をさしてくれてカメラもレンズも濡れずに撮影できました^^
人ごみの中、傘をさすのは周りの人に迷惑になるかなぁと思ったりもしたんですけど、
場所的に大丈夫だったみたい。 友人にも感謝^^



雨は通り雨で、やんだり降ったりの繰り返し。
そんな中、6機のブルーインパルスが飛行のため滑走路へ。



すぐ近くには、北海道の空の玄関である新千歳空港があるので、
数分置きに飛行機が飛んできます。
そういえば曲技飛行中は飛行機を見なかったような。。。
当たり前ですが、ぶつからないように時間も配慮されてるのかな?



そして、曲技飛行が始まりました!



たくさんの歓声の中、大空を高速で飛び回るブルーインパルス。
だんだん雲間から青空も!



とにかく夢中で撮ってたんですけど、一瞬のうちに頭上を通り過ぎていってしまうので、
ピントを合わせるのがすごく難しくて(汗)
ジャスピンで撮れたのって、1、2枚あるかどうか。。。(><;)
たぶん、今までで一番早い動きの被写体でした^^;



  でも、色んな曲技飛行が見られて大興奮でした♪
飛行中、どこから飛んでくるとか、どういう曲技をするのかがアナウンスされるので、
全然航空機のことを知らなかった私も、とっても楽しめました^^

左の写真2枚は、隣り合ってる航空機が上下逆さになって飛んでるんですけど、
難度の高い飛行らしく、よくぶつからずに体勢を保って飛び続けられるなぁとビックリしたり。



空にハートを描いたりもしてたんですけど、あまりに大きすぎて撮れなかったり(笑)
きっと青空の中で見ると、もっと感動するんだろうなぁと思いました。
って、曇りでも十分すぎるほど感動したんですけど(^m^*)



あまり乗り物に興味のなかった私ですが、航空機にはすっかり魅了されました!

会場にはバズーカのような超望遠レンズをつけたカメラマンもたくさんいて、
ちょっと観察してみたら(笑)500mmにテレコン(焦点距離を延ばす中間リング)をつけてる人もいて、
そんな超望遠ではどんな世界が撮れるんだろうって、 ちょっと想像して羨ましく思ったり(笑)
でも、レンズって欲しいものをあげたらきりがないので、
私はしばらく手持ちのレンズで頑張ります(^m^)v

来年は青空の下で、また見に行けたらいいなぁ^^

| おでかけ | *** | *** | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。