PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | *** | *** | TOP↑

≫ EDIT

写真展のお知らせ(6/4追記)

いつもお知らせが遅い私なんですが^^;
今日というか昨日(3日)から、私の通う写真教室の生徒による写真展が始まりました。

毎年、富士フォトサロンで開催されていたんですが、
フォトサロンの閉鎖(秋頃復活)により、今年は北海道新聞社1階の
道新ぎゃらりーで開催することになりました。

生徒全員ではないんですが、68人と先生の計69作品が展示されてます。

 
あっ、これは写真展とは全く関係のない我が家のさくらんぼの花です^^;
本当は写真展のDMを載せようと思ったんですけど、
出展者全員の名前が載っているので、たまたま撮ったこの写真を使ってみました^^



思い返せば、去年道新(北海道新聞)で、この写真展のことを知り、
何となく新聞の記事に惹かれて見に行って、素敵な作品の数々を目の当たりにし、

「私もこんな写真が撮れるようになりたい!」

と強く思ったのが、今の写真教室に通うようになった切欠でした。





そして1年が経ち、まだまだ思うように撮れないことのほうが多いけれど、
写真の楽しさは以前にまして、私の中で大きくなりました^^

デジイチを買って1年目は、レオンばかりを撮る事が多かったけれど、
2年目は、色んな場所に行って、様々な被写体も撮るようになり、
自分の好きな被写体、苦手な被写体、自分の癖などもだんだんわかるようになりました。


 

写真教室で、自分の写真を皆さんと大きなスライドで見たりして、
最初は恥ずかしかったけど、周りの人に「いいねぇ」って言ってもらえるとすごく嬉しくて^^

先生に褒められたり、色々とアドバイスをもらったり毎回が勉強で。
2年目になった最近は、先生の批評もちょっと厳しくなってきたけど^^;

でも、褒められるよりも色々指摘をしてもらったり、アドバイスをもらうほうが、
上達するために、すごく必要だなぁと思いました。
単純な私は、褒められてもやる気が出るタイプなんですけど(笑)

自分の写真の失敗作を分析すると、自ずと次への課題が見えてくるんですよね^^

そして、他の皆さんの写真を見るのも毎回すごく楽しみで、刺激をいっぱいもらったりして。


 

今回の写真展のテーマは、「自由」なので、

本当に様々な作品が見られます。

私も初日の今日、少しだけ顔を出してきたんですけど、 北海道の風景や動物達、スナップ・・・etc
実に色んな写真が、色んな表現で写し出されていて、 とっても見応えのある写真展だと思います^^

そして、自分の写真を大きくして見たのが初めてだったんですけど、
やっぱり写真は、印刷して初めて 「写真」 になるんだなぁと改めて思ったり。 


おk 
  でも moeしゃん、レオンの写真じゃないんでしゅよ!


そうそう、
私が写真展に出した写真、レオンの写真じゃないんですよ(^^;)

本当はレオンの写真を出したかったんですけど、
なかなか出せるようないい写真がなくて。。。(汗)
親ばか目線だったら、いっぱい出したい写真があるんですけどね(笑)

結局、私には珍しい? 人物の写真を出しました。
なんて言うか、レオン以外の写真だったらそれかなぁとずっと思っていたので。

道新ギャラリーは北海道新聞社の1階にあり、先生もカメラマンさんたちと付き合いがあるので、
道新のカメラマンさんたちも、何人か写真展を見に来ていたんですが、
その見に来たカメラマンさんの一人が、私の写真を見て
「なかなかいい写真だ」と先生に言ってくれていたそうなんです。

それを聞いて、素直に嬉しかった!
お世辞じゃないと信じて(笑)


色んな写真があって、人それぞれ色んな感じ方をする。
十人十色、千差万別。

だから写真は面白いのかも^^





場所は、道新ぎゃらりーなので、
近くに行かれた際は、良かったらちょこっと覗いてみてください^^
きっと、見た方の印象に残る素敵な写真があると思います。


ちなみに、今月の 『月刊カメラマン 』 に 写真教室の山本先生が
「初夏の新緑撮影」で6ページを担当しています。
興味のある方は本屋さんで見てみてください^^


*   *   *


【 追 記 】

今日(6月4日)の北海道新聞の朝刊に、写真展の様子が掲載されました。 
道新を読まれている人は、良かったらちらっと見てみてください^^

| Photo*Camera | *** | *** | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。